ドイツ到着〜厩舎に挨拶

ドイツ厩舎 高橋駿人 個人ブログ
スポンサーリンク

ドバイを出発しハンブルグへ。
なんだかんだ6時間かかるため、かなり長かった。。

ハンブルグに到着

ハンブルグ 高橋駿人
ハンブルグ空港到着の瞬間

ハンブルグに無事到着し、荷物もちょっと時間がかかったが問題なく受け取ることができた。

しかし問題はここからだった、、。
厩舎(馬のいるところ)の人が迎えに着てくれているはずだが、もちろん顔は知らないし、名前すら知らない笑

どうしたものかと思ってうろうろしていると、キュロット姿(乗馬服)の女性がなにやらちっこい紙を持って立っているのが見えた。
紙が小さすぎて、なんて書いてあるのかわからなかったけど、この人であると確信して確認したら、合っていた。空港でちゃんと拾ってもらえるのか心配だったけど杞憂に終わった。

厩舎に向かいこれからのコーチに挨拶

荷物を車に載せて、空港を出発した。
迎えにきてくれた人は、ドイツの真ん中くらい出身の人らしく、期限つきで今の厩舎でトレーニングしているようだった。

ハンブルグ空港はハンブルグの街からは少し離れており、ドイツの街を見ることなく厩舎についた。
厩舎がある場所も相当田舎で、周りに建物一つなく、隣にコーン畑が広がっている。馬術のトレーニングにはもってこいの場所だ笑

厩舎に到着し、その施設の大きさと綺麗さに驚きながら、これからコーチとなる方のところに挨拶に行った。
コーチはもともと軍隊の人と聞いていたので、どんな怖い人なんだろうと思っていたら、会った瞬間からすごくフレンドリーで陽気な方だった。(あとでレッスンはすごい怖いことがわかる、、)
とにかく一安心というところで、厩舎を散策した。
(厩舎の施設などについては次の記事で紹介します。)

ついた時にはほぼ夕方になっていたので、その日は少し散策してから私がこれからしばらくお世話になる部屋に連れて行ってもらった。
そこもなんと厩舎があるところで、なんとドライビング競技(馬車で行う競技)をやっている人なのだとか、、日本ではみたことないので驚きつつも、大家さんみたいな人に挨拶して、部屋に案内してもらった。

その日は移動日だったこともあり、すごく疲れていたのでそのまま寝た。
(部屋の紹介も次回のブログで!)

続きの記事はこちら↓
所属する厩舎施設がすごかった話

高橋駿人 顔写真   高橋 駿人/ ShuntoTakahashi
                                              
1996年生まれの馬術選手。種目は総合馬術。
現在ドイツで世界大会を目指して活動中!ホームページ、SNSなどをフォローしていただけると幸いです。
メルマガにてブログ更新情報など発信しますので、ホームページからメルマガ登録お願いします!

ホームページ:http://shunto-takahashi.com(←メルマガ登録もこちらから!)

instagram:http://instagram.com/shuntot_l/
twitter:http://twitter.com/ShuntoT_L/
Facebook:http://facebook.com/uma.shunto/

コメント

タイトルとURLをコピーしました