乗馬を始める費用はどのくらい?自分のスタイルを選ぼう!

乗馬初心者の方向け
スポンサーリンク

馬術競技では多くのお金がかかると考えている人も多いと思います。結論から言うと馬術競技を行う際にはそれなりのお金が必要になってきます。しかし、このかかる費用に関しても競技に対してどのくらい本気で望むのかなどによっても大きく変わります。ここでは馬術競技を行う際にかかる費用について初心者の方でもわかるように紹介していきます。

スポンサーリンク

気軽に乗馬派

馬術競技 費用 どのくらい

馬術競技には部活動の一環や年に数回行う趣味として行う人も多いです。馬を購入するのではなく、あくまでも趣味で馬術競技を行う人が馬術競技を行う際にかかる費用について紹介していきます。

乗馬クラブの入会費

乗馬クラブへの入会金は立地や馬の種類によって異なることが多いです。一般的には10万円程度に設定されていることが多いです。なので、他のスポーツに比べると入会金は高いという印象を受けると思います。しかし、現在は入会金がいらない乗馬クラブや入会金に安い乗馬クラブも多いです。なので、入会に関する金銭的なハードルは昔よりかは確実に下がっています。

乗馬クラブへの月謝

乗馬クラブではクラブに対しての月謝を払います。月謝は1万円程度であることが多いです。また、乗馬クラブには月謝制度を採用しておらず年会費制度を設けているところもあります。このような乗馬クラブでは一括で年会費を払うことになります。

騎乗料

乗馬クラブでは他の競技と異なり、月謝を払っていても騎乗の際に騎乗費用がかかります。この他にも指導料が別途でかかることもあります。騎乗の際にかかる費用は一回あたり3000円程度です。




本格的に乗馬派(馬術競技)

馬術競技 費用 どのくらい

馬を購入して本格的に乗馬を行う際にはさらにお金がかかることになります。ここでは馬を購入するところから始める本格的に乗馬を行う人が乗馬競技の際にかかる費用について紹介していきます。

馬の購入費

馬の購入費用は馬の血統などによっても大きく異なります。決してやすい買い物ではないことは確かですが、自分の目標のレベルによって馬の値段は変わってきます。
引退競走馬であれば安い馬で2~30万円程度で購入できることもあります。

管理費

馬を購入した場合は馬の管理を行う必要があります。馬の管理に関しては自宅では行えないことがほとんどです。このような場合は馬を乗馬クラブで管理してもらうことになります。管理費用には餌の料金や馬の健康状態の管理も含まれています。馬の管理費は平均して月に20万円ほどかかることが多いです。なので、年間で240万円は最低でもかかることになります。

競技参加費

競技に参加する場合は競技に参加するためのお金が必要になります。競技への参加費は大会によって大きくことなります。安いものでも1万円以上かかります。なので、競技に参加するだけでも多くのお金が必要になってきます。

気軽派でも本格派でもかかる費用

気軽に乗馬を行う人でも本格的に乗馬を行う人でもかかる費用があります。ここでは馬術競技を行う際に絶対かかる費用について紹介していきます。

服装

馬術競技の場合は服装がある程度決まっています。キュロットやブーツなどのアイテムを全て揃えると3万円ほどかかります。キュロットというのは馬術競技の際に着用するスボンのことで馬術を行い安いように密着感の強いズボンのことです。

まとめ

馬術競技を行う上では金銭的な負担は避けることができません。しかし、気軽に馬術競技を行うか本格的に馬術競技を行うかでかかってくる費用も異なります。

高橋駿人 顔写真   高橋 駿人/ ShuntoTakahashi
                                              
1996年生まれの馬術選手。種目は総合馬術。
現在ドイツで世界大会を目指して活動中!ホームページ、SNSなどをフォローしていただけると幸いです。
メルマガにてブログ更新情報など発信しますので、ホームページからメルマガ登録お願いします!

ホームページ:http://shunto-takahashi.com(←メルマガ登録もこちらから!)

instagram:http://instagram.com/shuntot_l/
twitter:http://twitter.com/ShuntoT_L/
Facebook:http://facebook.com/uma.shunto/

タイトルとURLをコピーしました