ドイツで家の探し方 部屋探しサイト紹介

ドイツアパートお部屋探し賃貸サイトドイツ生活
スポンサーリンク

海外で部屋を探すとなると、言語も違うし色々と大変ですよね。
ただこれから住む場所を決める大事なことですので、しっかりと良い物件を探したいですよね。

今回はドイツでのお部屋探しの方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドイツのお部屋のスタイルは2種類

ドイツには日本でいう賃貸型のお部屋はもちろんありますが、WG(ヴェーゲー)という日本でいうシェアハウスに住んでいる人もかなり多いのです。

シェアハウスというと一人暮らしの若者が集まるイメージですが、ドイツでは家族がいる場合でもWGに住んでいることもあるようです。
値段ももちろん普通の賃貸に比べれば、安い価格になっています。

自分のライフスタイルに合わせて、賃貸アパートにするかWGにするかをまずは決めるといいと思います。もちろんどちらとも比較してから決めるのもありです。

ドイツの賃貸価格

ドイツでの賃貸価格は日本に比べると比較的に安いと思います。
というのも日本と同じ値段でも圧倒的にドイツの物件の方が広いことがほとんどです。6万円の物件で3DKというのも普通にあります。

もちろん地域によって値段が違いますが、都会や大きな街の物件であれば高く、田舎の物件は安いという傾向は日本と同じです。

ドイツの家の傾向

ドイツの家は寒い冬に対応するために、保温効果が高いことが多いです。またヒーターも設置されていることがほとんどです。冬は特に不自由なく、暖かく過ごせます。

ただし夏の猛暑日はとても熱がこもりやすいので注意が必要です。ドイツの気候としてそこまで日本のような猛暑日は多くないのであまり問題ではないのですが、エアコンもない場合がほとんどです。







ドイツのお部屋探しサイト

ドイツアパートお部屋探し賃貸サイト

それではドイツでお部屋探しをするためのサイトを紹介していこうと思います。

普通の賃貸アパートを探す

・immowelt.de

ドイツお部屋探しサイトimmowelt.deドイツアパートお部屋探し賃貸サイト

immowelt.de
このサイトはドイツで最も有名なお部屋探しサイトです。
敷金がかかることが多いですが、退去時には帰ってくるのでご安心ください。

・fine+mine

ドイツお部屋探しサイトfine+mineドイツアパートお部屋探し賃貸サイト

fine+mine
このサイトは英語も対応しているので、英語がわかる方はこちらを活用してみるのも良いでしょう。ドイツ語や英語がわからない場合は、Google翻訳でサイト翻訳すればだいたいわかるようになります。

WG(ヴェーゲー)を探す

WGを探したい場合は
WG-GESUCHTが良いでしょう。
ただ人気な場所ではすぐに埋まってしまうため、最新の情報をチェックして更新されたらすぐに連絡をとった方が良いです。

日本人が経営するサイトやWG

・ユーロエステート(Euro Estate)

ドイツアパートお部屋探し賃貸サイト

Euro Estate
このサイトでは日本人が経営する物件の紹介を行っています。
都市部が中心になってしまいますが、目的地周辺にお部屋があるか確認してみるのも良いと思います。

見学等も可能ですが、有料です。
ただ日本人がやっているだけあって、対応に関しては文句なしです。

・ジャパンコンサルティング(Japan-Consulting)

ドイツアパートお部屋探し賃貸サイト

Japan-Consulting
現地の日本語ができる方が個人で経営しているサイトです。
とても丁寧に対応してくださいます。無料で相談できて、返金制度まであるのでとても便利なサイトです。

まとめ

それぞれいろんなサイトがあるので、一つ一つしっかりと比較してお部屋を決めてみてはいかがでしょうか。
素敵なドイツライフを過ごせることを願っています。

高橋駿人 顔写真   高橋 駿人/ ShuntoTakahashi
                                              
1996年生まれの馬術選手。種目は総合馬術。
現在ドイツで世界大会を目指して活動中!ホームページ、SNSなどをフォローしていただけると幸いです。
メルマガにてブログ更新情報など発信しますので、ホームページからメルマガ登録お願いします!

ホームページ:http://shunto-takahashi.com(←メルマガ登録もこちらから!)

instagram:http://instagram.com/shuntot_l/
twitter:http://twitter.com/ShuntoT_L/
Facebook:http://facebook.com/uma.shunto/

タイトルとURLをコピーしました