馬術競技を観戦する時のポイントと注意点

馬術 ルール解説 見どころルール・競技解説
スポンサーリンク

馬術競技を今までした事がない人や見たことがない人も多いと思います。特に、馬術は他のスポーツに比べて競技人口が少なくなっています。なので、馬術競技の観戦の際のポイントや観戦の際にどのようなことに気をつければいいのかわからない人も多いです。ここでは馬術競技を観戦する際のポイントや注意点について紹介していきます。

スポンサーリンク

観戦ポイント1:ダイナミックさ

馬術競技を観戦する際には馬術のダイナミックさに注目してほしいです。馬の場合はモータースポーツよりもダイナミックに競技をおこないます。また、馬術の場合は他のスポーツに比べて近くで観戦できることが多いです。なので、馬術のダイナミックさを身近に感じることが可能になっています。

観戦ポイント2:馬と人が生み出す演技

馬術は馬と騎手による演技に似ているところがあります。馬術競技にはフィギュアスケートのように芸術点が加算される競技があります。馬術では単純に速さを競うだけではなく、競技の際の馬の動きの美しさを基準にした採点も行われます。このように馬術は芸術的にも非常に見ていて面白いものになっています。馬術を観戦する際には馬が競技の中で生み出す動きの美しさ、人が馬を操って行う演技を見ることをおすすめします。

観戦ポイント3:かっこよさ

馬術の場合は当然ながら馬が競技を行うことになります。馬にもそれぞれの個体ごとに特徴があります。また、馬の場合は人間が見てもかっこいいと思うような馬も多く、見ている方も楽しむことが可能になっています。自分の好みの馬を見つけて応援するなどの楽しみ方も特に女性の方にはおすすめすることができます。




観戦の際の注意点

馬術 観戦 方法 注意点

馬術競技を観戦する際は人間が行っている競技ではなく、馬が主体の競技になります。なので、人間が主体のスポーツよりも観戦の際のマナーが非常に重要になってきます。また、馬の中には観戦のマナーが悪い人の行動に対してトラウマを持ってしまう馬もいます。ここでは、馬術競技を観戦する際にどのようなことに気をつければ良いのかについて紹介していきます。

大声を出さない

馬術競技の場合は大声を出すことは厳禁です。特に、初心者の場合は馬が障害などを超えた時に声を出したり、拍手をする方がいます。このように声を出したり、拍手をすると馬に対してストレスを与えることになってしまいます。馬の中には全く慣れていない個体もいるので気を付けるようにしましょう。
ただ演技や走行が終わったら、拍手などで人馬を讃えることはOKです。

馬に触らない

馬術競技の場合は馬に直接触ることができる位置まで近づくことができる場合があります。しかし、いくら馬が可愛く見えても絶対に触らないようにしましょう。競技前の馬の中には興奮状態にある馬もいます。このような馬に触ることで蹴られたりして怪我をしてしまう可能性もあります。また、触られたことによって馬がさらに興奮して制御することができなくなる可能性もあります。なので、馬が近くにいても触ることはしないようにしましょう。

まとめ

馬術競技を観戦する際には馬術競技ならではの観戦のポイントがあります。観戦のポイントを知っておくことで馬術競技を見る時に注目するべきポイントが分かり、楽しんで馬術競技を観戦することが可能になっています。また、馬術競技には馬術競技の特有の注意点があります。馬を使う競技なので、人間が主体のスポーツではないので特段の配慮を行う必要があります。馬術競技では馬のことを刺激しないように観戦することを心がけるようにしましょう。馬術競技では観戦のポイントと注意点をまもることで皆さんが楽しんで観戦することが可能になります。

高橋駿人 顔写真   高橋 駿人/ ShuntoTakahashi
                                              
1996年生まれの馬術選手。種目は総合馬術。
現在ドイツで世界大会を目指して活動中!ホームページ、SNSなどをフォローしていただけると幸いです。
メルマガにてブログ更新情報など発信しますので、ホームページからメルマガ登録お願いします!

ホームページ:http://shunto-takahashi.com(←メルマガ登録もこちらから!)

instagram:http://instagram.com/shuntot_l/
twitter:http://twitter.com/ShuntoT_L/
Facebook:http://facebook.com/uma.shunto/

タイトルとURLをコピーしました